FC2ブログ

車中泊の旅やってます。男二人の旅ブログ

国内、海外問わず旅した場所を紹介していきます。私達(私と相方)の旅の特徴は「自然&車中泊」であること!旅、さいこー( ゚Д゚)

Top > スポンサー広告 > 投入堂 「ここに寺を作った奴を僕は許さない」 鳥取県 > 投入堂 「ここに寺を作った奴を僕は許さない」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投入堂 「ここに寺を作った奴を僕は許さない」

次なる目的地は投入堂。
投入堂は、鳥取県東伯郡三朝町にある天台宗の仏教寺院。山号を三徳山(みとくさん)と称する
鳥取県のほぼ中央に位置する三徳山(標高900メートル)に境内を持つ山岳寺院である。
「投入堂」(なげいれどう)の通称で知られる奥院の建物は、垂直に切り立った絶壁の窪みに建てられた他に類を見ない建築物で、国宝に指定されている。

高低差200メートル、全長ほぼ700メートルの行程は全て難所と言ってよく、ところによっては鉄の鎖やロープ、時にはむき出しになっている木の根だけを頼りにしがみついて、
その都度足場を確保しながら登り下りすることになる。

投入堂は、前述の険しい山道を登った先、三徳山の北側中腹の断崖絶壁の窪みの中に建てられ、堂の上方は岩壁がオーバーハングしている。
堂が建っている場所は文字通りの絶壁で、参拝者は堂を斜め上方に見上げる地点までは立ち入りができるが、堂に近付くことは危険なため固く禁止されている。
投入堂に近付こうとして滑落死した者もいるという。

立ち入りが禁じられている投入堂であるが、2007年11月14日には約100年ぶりの修復を記念し、1日限り3人のみの拝観が認められた。Wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%BB%8F%E5%AF%BA

名前の由来は、お堂がありえないところにある=神が投げ入れたに違いない=投入堂である。
実にわかりやすくて、大変よろしい。
滑落死するような場所に、なぜ寺なんて建てやがったのか、神の考えることは理解できない。

P1030405.jpg
P1030406.jpg

ちなみに、これは正規ルートである。
なんだー、これはー。
木の根をつかんで登らないといけないとか、どれだけワイルドさを要求されるのか。
某栄養ドリンク剤のCMを私は思い出す。
そして、実践する。
ファイトー!!イッパーツ!!
私「・・・」
相方「・・・」

後に残るは虚しさだけであった。
・・・もう帰りたい。

P1030414.jpg

なんだ、このアスレチックは。
だんだん楽しくなってきた。
この時の私は、もはや自分が何をしにきているのか、分からなくなっていた。
混乱している私のすぐ横を、雪駄で平然と歩いてく修験者を見た気がするが、幽霊に違いない。

・・・
なんとかお堂に到着。

P1030426.jpg
P1030427.jpg

GWということもあり、お堂の写真撮影は順番待ちであった。
こんな山の上で並ぶことになるとは・・・。
ネズミーランドもびっくりである。
P1030416.jpg
私達は、登山の疲れもあり、道中のお堂の上に座っていい空気と景色を堪能することにした。
苦労した甲斐があった。
最高の眺めである。
・・・

結果的には、素晴らしい景色を満喫できたので行ってよかった。
先にも述べたが、リアルに死ねる場所なので、登っている最中は足元をよく確認して登ること。
それさえ守ればそう簡単に落ちはしない。
ただし、美しい眺めに気をとられていると死ぬ。
登れない方は、下の駐車場から、恍惚と崖の間に挟まっている投入堂を見ることもできるので、無理はしないで下さい。

次なる目的地は、秘湯「砂湯」に向かう。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/03/02 08:52)

東伯郡三朝町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

Secret

amazon
プロフィール

雨、時々小綿

Author:雨、時々小綿
はじめまして!雨、時々小綿と申します。
国内、海外問わず旅した場所を紹介していきます。
私達(私と相方)の旅の特徴は「自然&車中泊」であること!
数々の死線を何度もくぐりぬけている私達が贈る、地球の美しさ&旅の楽しさ紹介ブログを存分にご堪能あれ!
旅、さいこー( ゚Д゚)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム(お問い合わせはこちら)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。