FC2ブログ

車中泊の旅やってます。男二人の旅ブログ

国内、海外問わず旅した場所を紹介していきます。私達(私と相方)の旅の特徴は「自然&車中泊」であること!旅、さいこー( ゚Д゚)

Top > スポンサー広告 > 横川SAとだるま弁当 群馬県 > 横川SAとだるま弁当

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横川SAとだるま弁当

20XX年9月××日 深夜10時

群馬県へ旅立つことを決めてから、10時間後。
私達は、いつものコンビニに居た。
即断即決、有限実行とはこのことである。
こんなことができるのは、車中泊であることもとい、時間的余裕がある暇人もとい、大量の仕事を抱えながら、現実逃避をする奴ぐらいである。
私達のことだ。

・・・
車を運転しながら、本日及び明日のプランを相方から聞く。
相方曰く、かなり雑なプランニングなため、期待はしないでほしいとのこと。
私「君のプランニングが雑じゃない時などあったか?」
相方「・・・(゜.゜)、解散!!」

本日の予定
深夜1時ぐらいで、適当なSAで車中泊

明日の予定
new!高岩山→鬼押し出し→尻焼き温泉→草津温泉→榛名神社

new!と記載されているものは、運転中に追加された目的地である。
この高岩山は、素人が登るのは、オススメできない山ということで、相方の独断で当初の目的地から除外されていた。
聞くところによると、25mの断崖絶壁を鎖とロープで登らなければ頂上には辿り着けないらしい。
私「めちゃくちゃ楽しそうではないか!行こう!」
相方「は?( ゚Д゚)お前山登ったことあるの?」
私「ない。ないが、死線はいくつもくぐりぬけてきた。銃弾は、臆病者が好きなのさ。堂々としていれば、銃弾の方から勝手に避けていく・・・、戦場とはそういうものさ。」
この台詞を言った途端、弾が直撃してお亡くなりになった方がいるアニメを私は知っている(アルノドノ○ ゼロ)。
相方「・・・(こいつ死ぬな)」
盛大なフラグを立てたのを理解しつつ、私達は目的地に高岩山を追加する。

深夜1時半 横川SAに到着。
本日のお宿は、横川SA。
横川SAとは、群馬県の上越自動車道にある、そこそこ大きいSAである。
2009年3月26日にリニューアルを行い、上り線には、信越本線横川駅を再現したメモリアルコーナーが設置された。
メモリアルコーナーには、それまで九州で活躍していた旧国鉄車両のキハ58系の前頭部が設置され、その後に続く客室に見立てた休憩コーナーの「車内」で食事をすることもできるようになった。
wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%B7%9D%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2

ちなみに、下り線には特に何もない。
そして、私達が宿泊するのは、下り線である。

眠る前に、少し横川SAを散策する。
深夜のSAは、旅の醍醐味でもある。
昼間は、多くの観光客で賑わうSAも、深夜であれば、人が少ないため、ゆっくりと見て回ることができる。
その土地の物産品や、謎のキャラクターグッズ等を見て回るのは、楽しいものだ。

群馬といえば、だるま弁当。
群馬名物赤いだるまをモチーフにした、弁当の容器に、味付きごはんをしきつめ、その上に、鶏肉、こんにゃく、栗、しいたけ、ごぼう、たけのこ等をしきつめた一品。
群馬は、私の田舎なので、昔はよく食べたものだ。
大体800円ぐらい。

現実逃避して書いちゃいました

なぜ写真ではなく、毎年美術の成績が5段階中3だった私の絵が掲載されているかは、最後までお読みいただければ分かる。
THE・弁当といっても過言ではないほどの、平凡であるが、外れのないお味。
駅弁としても売っているので、群馬にお越しの際は、是非食していただきたい。
このSAでは、深夜は売っていないそうなので、明日の朝にでも買って、昼飯としよう。

・・・
一通りの散策を終えると、私達は車に戻り、寝床を作る。
もう慣れたものだ。
ものの数分で寝床が完成し、寝袋に入る。
現在時刻は、深夜2時。
普段の車中泊の旅であれば、相方と一言も言葉を交わすことなく眠りに着くのだが、なぜかこの日は、不必要且つくだらない会話に花が咲き、深夜3時まで話しこんでしまった。
これも旅の醍醐味である。

しかし、このくだらない会話のせいで、我々が睡眠不足になったのは言うまでもない。
そして、その睡眠不足による判断能力低下により、楽しみにしていただるま弁当を買わずに、本SAを立ち去ってしまったこともまた、言うまでもない事実である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

amazon
プロフィール

雨、時々小綿

Author:雨、時々小綿
はじめまして!雨、時々小綿と申します。
国内、海外問わず旅した場所を紹介していきます。
私達(私と相方)の旅の特徴は「自然&車中泊」であること!
数々の死線を何度もくぐりぬけている私達が贈る、地球の美しさ&旅の楽しさ紹介ブログを存分にご堪能あれ!
旅、さいこー( ゚Д゚)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム(お問い合わせはこちら)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。