FC2ブログ

車中泊の旅やってます。男二人の旅ブログ

国内、海外問わず旅した場所を紹介していきます。私達(私と相方)の旅の特徴は「自然&車中泊」であること!旅、さいこー( ゚Д゚)

Top > スポンサー広告 > 道の駅奥久慈だいごにて、車中泊をする際の注意点を語る セダンモベッド キャンプ、登山や車中泊おすすめグッズ > 道の駅奥久慈だいごにて、車中泊をする際の注意点を語る セダンモベッド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道の駅奥久慈だいごにて、車中泊をする際の注意点を語る セダンモベッド

前回のあらすじ
きぬの湯というスーパー銭湯で、身体とやる気を洗い流した我々は、車中泊なんてやってられるかくそ野郎とばかりに、茨城県へ向かうことなく、家路につくこととなった。
めでたしめでたし。

そんな訳はない。
そんな甘えは、この私が許さない。
火照った身体に鞭を打ち、道の駅奥久慈だいごに向かう。

道の駅奥久慈だいごとは
茨城で温泉がある唯一の道の駅。
道の駅の温泉浴場からは久慈川を眺められ、手頃な料金で入浴できるのが魅力(大人500円、子供300円)。
湯上りには、広々とした畳敷きの休憩スペースでくつろぐことができるので、ドライブの疲れを癒すにはもってこいだ。
また、日本三大地鶏の一つである「奥久慈しゃも」は大子町の名産品。
歯ごたえがあり、深い味わいのしゃも肉は直売コーナーでも買える他、しゃもカレー(800円)、しゃもソースかつ重(950円)がレストランの人気メニューになっている。
Walker plusより http://sp.walkerplus.com/gw/detail/ar0308s66243/

無事に到着。
温泉で温まったはずの身体は、いつの間にか冷たくなっていた。
想像以上に寒い。
新年の嫌な記憶が蘇る。
この記憶を共有されていない方は、以下でご確認いただきたい。
我々の凍死の記憶を。
↓いつぞやの凍死の記憶
http://nichitabi.blog.fc2.com/blog-entry-57.html

嫌な予感を感じながらも、二人の男達は楽観的であった。
いくら寒いとはいえ、富士山の麓ぐらい寒いことはなかろう、というのが、我々の共通認識であった。
しかし、この甘い見立てが、後々の悲劇を生むことになるとは、この時の二人はまだ、知る由もないのである。

・・・
さて、既に時刻は、深夜1時。
明日は、別に早く起きなくても良いのだが、運転に疲れたのか、随分眠い。
いつも通り、車中泊の準備をして寝るとしよう。
・・・
寝床を作っている途中、私は、ある重大なミスを犯していたことに気付く。
仕事で使う、大きな透明なボックス(衣類等を収納するケース、以降ビッグボックスと呼ぶ)を車に積んできてしまったのだ。
これを車の後ろのトランクに積んでいるため、通常よりわずかばかりに後ろのシートが後退しない。
皆さんは、少しぐらいシートが後ろに行かないぐらい、問題ないと思うかもしれないが、これは非常に重要な問題なのである。
なぜなら、このわずかなズレにより、前のシートを倒した際に、前のシートが完全に倒れず、後ろのシートとの間に凹凸が生じるからである。
この凹凸は、車中泊をする我々の身体に、強烈なダメージ(腰デストロイ)を与える。
車中泊をすると、腰が痛くなるという方は、大抵シートが平らになっていないことが原因なのだ。

※余談
シートが平らになっているのに、身体が痛くなるという方は、寝袋によって、身体が固定されることで、寝返りをうてなくなっていることが原因かもしれない。
一般的に、人は、一晩で20~30回ほど寝返ると言う。
そうすることで、血液やリンパの流れを良くする効果があり、日中に生じた身体の負担をリセットしている。
寝返りができなくなると、日中に生じた身体の負担をリセットできず、結果、最悪の目覚めを迎えることになる。
寝返りができる寝袋は、既に紹介しているため、興味がある方は、以下のページを参考にしていただきたい。
↓寝袋紹介ページ
http://nichitabi.blog.fc2.com/blog-entry-14.html

いかに、シートを平らにするかが、快適な車中泊ライフの明暗を分けると言っても過言ではない。
それ故に、以下のような商品が出ているぐらいである。




この『DOPPELGANGER OUTDOOR セダンモベッド』は、付属のシガーソケット用電動ポンプを使用して膨らませ、後部座席にスバッとはめ込むだけで、後部座席を快適な寝床に変えるアイテムである。
使わないときは、空気を抜いてコンパクトに収納しておけるから、トランクに入れておけば、急な車中泊にも対応できる。

参考(週アスPLUS)http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/294/294476/

我々はケチなので、上記のような物は使用していないが、十分購入を検討する余地はある。
それほど、この凹凸の問題は、重要なのだ。

我々は協議の末、ビッグボックスを後ろのシートとトランクの間(図参照)に置くことで、後ろのシートを本来の位置まで後退させ、凹凸をなくすことを決定。


ビックボックスは、完璧にはまっている。
落ちることはない。
しかし、この甘い見立てが、後々の悲劇を生むことになるとは、この時の二人はまだ、知る由もないのである。

・・・
いつもより多少時間はかかったが、無事に寝床ができた。
とっとと寝て、明日は紅葉を満喫するとしよう。
おやすみなさい。

次回予告
凍死再び、道の駅奥久慈だいごにてビックボックス襲来
エヴァンゲリオンっぽいタイトルに期待しすぎると、椅子から転げ落ちるので注意。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

(車中泊の旅やってます。男二人の旅ブログ)はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

amazon
プロフィール

雨、時々小綿

Author:雨、時々小綿
はじめまして!雨、時々小綿と申します。
国内、海外問わず旅した場所を紹介していきます。
私達(私と相方)の旅の特徴は「自然&車中泊」であること!
数々の死線を何度もくぐりぬけている私達が贈る、地球の美しさ&旅の楽しさ紹介ブログを存分にご堪能あれ!
旅、さいこー( ゚Д゚)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム(お問い合わせはこちら)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。