FC2ブログ

車中泊の旅やってます。男二人の旅ブログ

国内、海外問わず旅した場所を紹介していきます。私達(私と相方)の旅の特徴は「自然&車中泊」であること!旅、さいこー( ゚Д゚)

Top > スポンサー広告 > 怒涛の紅葉ラッシュ!第三弾~真っ赤に染まる花貫渓谷 茨城県 > 怒涛の紅葉ラッシュ!第三弾~真っ赤に染まる花貫渓谷

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛の紅葉ラッシュ!第三弾~真っ赤に染まる花貫渓谷

人生とは、どこに行っても地獄と見たり。

次に行く場所は、花貫渓谷。
花貫渓谷とは・・・
花貫ダムから名馬里々淵、小滝沢キャンプ場にかけて美しい景観が続く。
渓谷にかかる長さ約60mの汐見滝吊り橋からの眺めがすばらしい。
特に秋は、川沿いに生い茂る木々の枝が吊り橋の左右からせり出し、華やかな紅葉のトンネルとなる。
観光いばらきより http://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/hananuki-keikoku.html

駐車スペースに車を停め、渓谷へと向かう。

メインは、渓谷の中の吊り橋だが、そこに向かう道中も紅葉の鮮やかな色で埋め尽くされている。
DPP_0543.jpg
DPP_0540.jpg

この渓谷の紅葉は、特に赤が美しい。
ゴッホあたりにこの風景を書かせたら、いい絵になるに違いない。

・・・
吊り橋に到着。
DPP_0548.jpg
DPP_0559.jpg

吊り橋と紅葉のコラボレーション。
実に美しいのだが、正直な話、ここまで辿りつく道中で、散々紅葉を見てしまっているため、感動は無い。
せっかく来たのだから、橋ぐらいは渡るか。
DPP_0552.jpg

渡った先にいたのがこちら。
IMG_3446.jpg

名を「はぎまろ」という。
はぎまろとは・・・
萩ロードに突如現れた萩の妖精「はぎまろ」。
10歳の男の子で、扇で元気・やる気・輝きの風を送る。
※高萩市の花である「萩(はぎ)」をモチーフにデザインされた。
あれ…少し銅像とちが(ry
以下サイトよりダウンロードもできるよ、やったね!
http://www.city.takahagi.ibaraki.jp/index.php?code=423

まだ11月だというのにサンタの出で立ち。気が早すぎる。
どんだけせっかちなのか。
しかし、それ以上に驚くべきことは、彼の集金力である。
彼の銅像の下に、なぜかお賽銭入れらしきものがあり、なぜかそこに大量の小銭が納められている。
聡明な皆さんはお分かりだと思うが、彼は神でもなんでもなく、ただのご当地キャラクターである。←否、萩の妖精です。

・・・5分後
私は、はぎまろを観察していた。
たった5分ほどで、既に5人のマダム達が、貴重なお金を「はぎまろ」に献上していた。
彼の時給は、私より高いかもしれない。
日本人の悪い癖、ここに極まり。

今度、私もサンタの格好をして、駅の前で突っ立っていようかと考えながら、次の目的地である「御岩神社」へ向かう。

次回「最古の霊山 恐怖の御岩神社」
御岩神社は、ホラー要素満載でお送り致しますので、心臓の弱い方やホラーが苦手な方は、お読みになるのを控えていただきますようお願い致します。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

amazon
プロフィール

雨、時々小綿

Author:雨、時々小綿
はじめまして!雨、時々小綿と申します。
国内、海外問わず旅した場所を紹介していきます。
私達(私と相方)の旅の特徴は「自然&車中泊」であること!
数々の死線を何度もくぐりぬけている私達が贈る、地球の美しさ&旅の楽しさ紹介ブログを存分にご堪能あれ!
旅、さいこー( ゚Д゚)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム(お問い合わせはこちら)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。