FC2ブログ

車中泊の旅やってます。男二人の旅ブログ

国内、海外問わず旅した場所を紹介していきます。私達(私と相方)の旅の特徴は「自然&車中泊」であること!旅、さいこー( ゚Д゚)

Top > スポンサー広告 > 自然と遺跡の融合 タ・プロームその1  カンボジア > 自然と遺跡の融合 タ・プロームその1 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然と遺跡の融合 タ・プロームその1 

次に訪れるのは、タ・プローム。
タ・プロームとは
カンボジアにある、アンコール遺跡群と呼ばれる多くの寺院や宮殿などの遺跡群の内のひとつ。
12世紀末に仏教寺院として建立され、後にヒンドゥー教寺院に改修されたと考えられている遺跡。
なお、旅行当時は、絶賛修復作業中でした。
wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A0

カンボジアを観光する上で、アンコール・ワットと並ぶほど、有名な観光地。
巨大な木が、遺跡を侵食している写真は、ほとんどの人が一度は見たことがあるだろう。

到着。
タ・プロームに至る道

私は、タ・プロームは小さな遺跡であり、観光にそれほど時間はかからないと考えていたが、それが大きな誤りであることを知った。
敷地面積は他の遺跡に比べると狭い部類に入るのだが(それでも私の予想よりは広い)、見所が多く思いのほか時間がかかった。
細かく見ていくと、1時間では足りない。
しかし、我々が設定した観光時間は、1時間である。
相方が、まあこんなもんで観れるでしょと安易に決めた時間=1時間である。
1時間後、チェルシーさんが迎えに来るため、私達は速足で遺跡を観光することになった。

・・・
タ・プロームに入ってしばらくすると、崩壊した遺跡が、私達を出迎えてくれる。
崩壊してはいるものの、遺跡には、非常に細かい装飾が施された彫像が確認できる。
隠れたところに女神が
この非常に細かく彫られた彫像は、これから巡る遺跡にも共通しており、遺跡観光の目玉の一つと言えよう。

私達のテンションは、急上昇する。
カンボジアに到着してから、何もいいことがなく、溜めに溜めたストレスを爆発させるかの如く・・・、そう、それはまさしく狂気の沙汰であった。
そんな狂気の中にいた私達が撮った写真がこちら。
まだ序章

某ゲームの篝火をイメージしてポージングを決める私(27歳)。
そして、テンションMAXの相方が、編集した写真がこちら。

だ~くそうる ぱーと2

ちなみに、まだタ・プロームの本殿には入っていない。
入口からタ・プロームの本殿までの道の脇にあった、小さな崩れた遺跡を見ただけで、この盛り上がりようである。
そんなテンションMAXの我々が、次に見たものはこちら。
わんわんお

なんともまあ、今の私達とは、対照的な生き物である。
やる気というか、生気が感じられない。
近くを通っても、目を見開くことすらない。
生きているのか、こいつは。
しかし、残念なことに、カンボジアの犬はみんなこんな感じである。
丸くなりながら、犬は語る。
犬「これが、この世界の現実だよ。」
・・・
生気のない犬を見て、現実の世界の厳しさを思い出した我々は、いよいよタ・プロームの本殿へ向かう。
タ・プローーム

次回「自然と遺跡の融合 タ・プロームその2」 


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

amazon
プロフィール

雨、時々小綿

Author:雨、時々小綿
はじめまして!雨、時々小綿と申します。
国内、海外問わず旅した場所を紹介していきます。
私達(私と相方)の旅の特徴は「自然&車中泊」であること!
数々の死線を何度もくぐりぬけている私達が贈る、地球の美しさ&旅の楽しさ紹介ブログを存分にご堪能あれ!
旅、さいこー( ゚Д゚)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム(お問い合わせはこちら)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。