FC2ブログ

車中泊の旅やってます。男二人の旅ブログ

国内、海外問わず旅した場所を紹介していきます。私達(私と相方)の旅の特徴は「自然&車中泊」であること!旅、さいこー( ゚Д゚)

Top > スポンサー広告 > 象のテラス カンボジア > 象のテラス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

象のテラス

次に向かうは、「象のテラス」。
象のテラスとは
廃墟となった寺院複合体であるアンコール・トムの城壁を巡らした都の一部である。
象のテラスは、その東面にあるゾウの彫刻にちなんで名付けられた。
延長300mを超える象のテラスは、公的儀式の巨大な閲兵席として使用され、また王の壮大な接見所の基壇としての役目を果した。
Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%A1%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%A9%E3%82%B9

到着。
イメージとしては、広い公園の中に遺跡が点在している感じである。
まずは、この遺跡の目玉、エレファントの像を見に行く。
(本当は、ここで「象だけ」にと書こうとしたが、レベルが低い人間と思われたくないため、心の声に留めておく。)

エレファントの像へ行く途中、切通しのような遺跡を発見した。
面白そうなので、ここを通りながら、目的地へと向かうことにする。

精巧な彫刻がいっぱい

通路は、非常に狭く、圧迫感がある。
壁面には、かなりの数の彫像がぎっしりと彫られており、非常に細かい所まで造りこまれていることが見てとれる。
象のテラスでも女神を発見

私達の前には、ガイド付きの団体客がおり、ガイドがこの彫像の説明をしている。
私達は、あたかも団体客の一員であるかのように、ガイドの説明に耳を傾ける。
なるほど・・・、どうやらこの遺跡が造られた頃のカンボジアは、一夫多妻制だったようだ。
そのため、王の周りを複数の女性が取り囲んでいる彫像があるのだそうだ。
さらに、女性と男性の彫像の見分け方を教えてもら・・・盗み聞きしたのだが、忘れた。
・・・
そんなこんな、この遺跡を探検していると、目的地「象のテラス」に着いてしまった。
エレファントガーデン

象「象のテラスです」

紛うことなきエレファントである。
想像以上にエレファントだったので、少々驚く。
「全然象に見えないじゃん!!」
というありきたりなリアクションを用意していただけに、残念である。
感想は、これだけである。

このエレファントの像から、少し進んだところに、アステカの太陽の神殿を思わせる遺跡があるとのことで、次はそこへ向かう。

次回「ぼったくり」

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

amazon
プロフィール

雨、時々小綿

Author:雨、時々小綿
はじめまして!雨、時々小綿と申します。
国内、海外問わず旅した場所を紹介していきます。
私達(私と相方)の旅の特徴は「自然&車中泊」であること!
数々の死線を何度もくぐりぬけている私達が贈る、地球の美しさ&旅の楽しさ紹介ブログを存分にご堪能あれ!
旅、さいこー( ゚Д゚)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム(お問い合わせはこちら)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。